接種は早くて8月15日 

八王子では、私の年齢の場合、来週23日から

ワクチン接種のクーポン券が発送されるそうです。

予約開始はその一か月後の7月24日から。

接種がはじまるのが8月15日からだそうです。

どれくらいの混雑状況になるのか、まったく予想できません。

当初は、ゆっくり摂取すればいいやと思っていましたが、

我慢を強いられる生活を一刻も早く抜け出したいので、

早く打ちたいと思うようになってきました。

副反応はいくらかあるようです。

特に二回目接種後に発熱したり、だるかったりするようです。

これは正常な免疫反応で、だからこそ抗体がつくられます。

できれば金曜日に打ちたいところですが、ムリでしょうねえ。

でなければ土曜日の午前中にでも打って、

月曜日からは元気に仕事ができるようになればと思ってます。

子ども1人に1台 

いま政府はGIGAスクール構想というのをやっていて、

子ども一人に対して1台のタブレット端末が配られる。

わが家の3人の子どもたちも一斉に持ち帰ってきた。

タブレットといっても来たのは、パソコンだった。

HP社のchromebookである。

だいたい市場価格は5万3000円ぐらいのようだ。

これはこれでいいのだが、問題は通信環境。

3人が一斉にオンライン通信をすると、まったく止まってしまう。

私のZOOM会議とバッティングすることもあり得る。

端末だけでは解決しないのだ。

この辺、GIGAスクール構想ではどう考えているのか。

何かの補助をする必要があるだろう。

現状ではタブレットの家庭での使用時間は、家のルールで

定めているが、今後、段階的に取り払うことなるんだろうな。

サンウルブズの若手が躍動 

12日はラグビー日本代表の強化試合でした。

Japan対サンウルブズである。

サンウルブズは、16~20年まで南半球のプロラグビーリーグである

スーパーラグビーで5年間活動した日本のチーム。

この日だけ特別に再結成された。

結果は32-17でジャパンの勝ち。

強化試合に海外チームを呼べないために苦肉の策で

決定されたこのゲームだったが、

なかなか見ごたえのある一戦になった。

前半サンウルブズがリードし、最後はジャパンが突き放して

面目を保った形。

サンウルブズはガンター、尾崎、荒井が目立っていましたね。

若くて次のジャパンを狙える人たちが躍動していた。

彼らが来年の1月まで公式ゲームがないのが残念。

秋からカップ戦でもやってくれたらいいのにね。

このあとジャパンはスコットランドに渡って、

26日に英国4か国とアイルランドの合同チームと

歴史的一戦を戦うことになる。

絶対に勝って歴史を刻んでほしい。

七夕を8月にやる理由 

関東では七夕を8月に行うところがあることを知って、

岡山生まれの私は少しびっくりしたことがある。

というのも、七夕は中国の故事によるイベントだが、

これは7月7日とはいうものの、太陽太陰暦という旧暦に

よるものである。

これを現在の太陽暦グレゴリオ暦)に換算すると、

8月20日ごろになるということである。

西日本だと7月7日が多いのだろう。

7月7日の七夕は歴史に忠実ということで、

8月の七夕は実際の季節に忠実ということになる。

どっちの考えもそれはそれでよくて、

こういうことを知ることが文化・教養である。

対話をめんどくさがらない 

政治家も言っていることがバラバラで当然ですよね。

野党が与党と同じこと言ってたら、野党の意味がない。

与党の中にも派閥があって、自分が要職につけるように

常に綱引きをやっている。

さらに、自民党と内閣という組織内でまた別のロジックで

動いているというのもある。

立場が違えば役割が違い、役割が違えば責任が違い、

責任が違えば言うことも違ってくるのだ。

これは至極当然のことだ。

部下だった時代に正論だったことも、上司になったら

承服できないことは多々出てくる。

意見が違っているときに必要なのがコミュニケーションだ。

自分とは意見が違うことを当然と考えて、

調整する意識で話し合うことだ。

「それは違う」と言われても落胆することはない。

意見が合わないだけで人格を否定されたわけではないからだ。

人間としてレベルが低いとか、ダメだといっているのではない。

そこをわかっておかないといちいち落胆して

話し合うのがイヤになる。

対話するのをめんどくさがらないことである。

小学校で接種 

八王子市では新型コロナウイルス対応のワクチン接種が

はじまっています。

近所の小学校では予約できた人たちが集まってきています。

八王子市は60万人ぐらいの人口で、東京の市町村部では

最も人が多いので、先行接種になったのでしょうか。

一日何人が打てるのかわかりませんが、

選挙のときと同じくらいの人の往来があります。

見慣れない光景なので、ギョッとしますね。

65歳以上の摂取が終わると、下の年代になっていくのでしょうが、

40代の私は7月になるのでしょう。

しばらくは混雑するので、打てるのは8月になるのか9月になるのか。

ファイザー製は2回打たないといけないので大変ですね。

役所も医療関係者も大変なご苦労をされていると思います。

私たちはせめて心無い言葉を浴びせて疲弊させないようにしないとね。

単に意見として聞きましょう

ワクチン接種に関していろんな意見があるが、

ワクチンを接種することのリスクと、コロナにかかることのリスクとを

天秤にかけた場合、後者の場合のリスクが大きいと思うので、

受けたいと思う。

ワクチン接種で死亡例などが伝えられているが、

因果関係がはっきりしない以上、ラクチンのせいで死んだとは

現時点では言えないと思う。

いろんな人が「打て」とか「打つな」とかいう。

これを「押し付け」と受け取る必要はない。

そう言う人にはなんの権限もないからだ。

自分の生殺与奪を握っている人(たとえば上司とか)に言われたら、

それは押し付けになるが、それ以外の人に他人を

どうこうすることはできない。

「打て」「打つな」という人の話はあくまで意見として聞き、

あとは自分で判断すればいい。

自分で判断しないと責任が持てない。

万一何かが起こった時、人の判断に任せたらきっと後悔するだろう。