今年も準硬式野球からプロへ

今年も準硬式野球部からプロ野球選手が誕生しましたね。

福岡大の大曲錬投手です。

大学時代はほとんど無敵状態だったようです。

準硬式野球出身の選手はこれまでに何人もいるが、

華々しい活躍ができた人まだこれといっていません。

準硬式野球出身の選手の強みは、自立していることでしょう。

監督コーチがいない部がほとんどで、試合を組むのから

用具の調達、連盟への登録まで全部学生が行います。

自分たちでオーダーを決め、戦略を練り、作戦を決めます。

高校時代のようにロボットとなって監督の言われたとおり動く

選手はいません。

ぜひ準硬式野球出身である強みを生かして活躍してほしい。

準硬式出身のプロ選手は、「準硬式を背負って」とよくいいます。

そんなものは背負わないでのびのびやって、とも思いますが、

背負っているものがあるからこそ頑張れる人もいます。

準硬式の人はみんな応援していますよ、がんばれ!